心に響く言葉

shaw-3.jpg

この作品には多くの心に残る言葉が多数使われています。ここでは一部ですが紹介したいと思います。

はじめに、主人公アンディーが言った言葉の中から
Hope is a good thing, maybe the best of things. And no good thing ever dies.
訳)希望は良いものだよ。多分一番のものだ。良いものは決してなくならないんだ。

Get busy livin' or get busy dyin'.
訳)頑張って生きるか・・・それとも、頑張って死ぬか・・・

The funny thing is - on the outside, I was an honest man, straight as an arrow. I had to come to prison to be a crook.
訳)面白いことに、外の世界では僕は正直で真っ直ぐな人間だった。刑務所の中に入ってやっと悪党になれた。

ここまででもわかるように、原作者スティーブンキングはなかなか面白い言い回しをします。次にレッドの言った心に残る言葉を少し挙げてみたいと思います。

I look back on the way I was then then, a young, stupid kid who committed that terrible crime. I want to talk to him. I want to try and talk some sense to him, tell him the way things are. But I can't. That kid's long gone and this old man is all that's left. I got to live with that. Rehabilitated? It's just a bullshit word. So you go on and stamp your form, sorry, and stop wasting my time. Because to tell you the truth, I don't give a shit.
訳)一日だって後悔しない日はないよ。この中にいるから言っているんじゃない。恐ろしい犯罪を犯した若僧だ。俺は彼と話したい。おろかなことだと。でもそれもできない。その若僧はもういない。残っているのはこの老人だけだ。俺はそれを受け入れたよ。後悔しているかって?そんなの作られた言葉だ。もう用紙に判子を押してくれ。悪いが時間の無駄だ。別にどっちだっていいんだ。

I hope I can make it across the border. I hope to see my friend, and shake his hand. I hope the Pacific is as blue as it has been in my dreams. I hope.
訳)私は望む・・・国境を越えられたらいい。私は望む・・・友達に会えたらいい。そして握手できたらい。私は望む・・・太平洋が夢で見たように青ければいい。私は望む・・・

このページの先頭へ

イメージ画像