この作品のあらすじ

shaw-4.jpg


※ここではこの映画の全容があらすじとして書かれています。まだ見てない方や楽しみにしている方は読まないほうが良いと思います。


銀行員のアンディー(ティム・ロビンス)は、妻殺しの罪でショーシャンク刑務所に収監された。しかし彼は無実である。弁護士にハメられたのだ。

刑務所内で彼はひとりの調達屋に出会う。後の親友レッド(モーガン・フリーマン)である。調達屋とは刑務所内に塀の外から取引をし内密にタバコや酒を仕入れる人物のことを言う。

刑務所内でアンディーは色々な囚人から狙われる。ある日彼は、囚人からの暴力を受け入院することになる。その復帰祝いとしてレッドはあるものを彼に送る。それは前々から頼まれていた小さなロックハンマーであった。アンディーは地質学に興味を持っていて、そのハンマーでチェスの駒等を彫っていた。

刑務所の屋根の塗り替えの作業中、アンディーはハドラー主任看守の税金に関する悩みを解決する。その見返りとして、仲間の作業員へのビールを求めた。

その事件後、アンディーは看守から税金対策の相談を持ちかけられるようになる。終いには刑務所所長のマネーロンダリングをも手伝わされることとなる。

そうしていくうちに、刑務所内でのアンディーの地位は確立されていく。

ある日アンディーはレッドに言った。”希望・・・希望とはいいものだよ。だぶん一番のものだ。決してなくならない”。
しかしレッドはこう反論する”そんなものは塀の中じゃ不必要だ”と・・・。

希望を持ち続けるアンディーの前に一人の男が現れる。トニー(ギル・ベローズ)だ。彼はアンディーの手によって高校卒業の資格を取得できるまでになる。

そんなある日、トニーはアンディーの刑務所に入った理由を知る。しかし、トニーは他の刑務所にいたときに、ある話を聞いていた。それは、アンディーの無実を証明することができる情報だった。しかしショーシャンク刑務所所長ノートンの手によって殺害されてしまう。アンディーがいなくなってしまっては、マネーロンダリングができなくなるからだ。

トニーの死後、ついにアンディーは脱獄を決意し実行した。自分の独房に何年もかけ、あの小さなロックハンマーで穴をあけたのだ。その際、刑務所内の汚職の証拠も持ち出していた。

脱獄後、それを新聞社に送り、明るみとなる。そしてこのときアンディーは莫大な金を手にすることになる。それは、今まで所長が溜め込んでいた不正金であった。アンディーは銀行名義を架空の人物に設定していた。脱獄する際、架空の人物になりすましたのだった。

アンディーが脱獄してから数年後、一通の何も書かれていない手紙がレッドの元に届く。メキシコ国境の町、ポートハンコックから届いたものであった。レッドはすぐに差出人が誰であるか察した。アンディーが脱獄前にもし出所することができたら、メキシコに小さなホテルを開きたいといってたのを覚えていたのだ。

数年後レッドは仮釈放の身となった。刑務所の外に出られたレッドは、アンディーの話を思い出した。

「バクストンを知っているかい?そこは私達夫婦が愛を誓い合った思い出の場所だ。そこに高い一本の木がある。その下には石垣が続いている。覚えていてくれ。その木のすぐ下の石垣のところに1つだけ違う石、黒曜石がある。もし刑務所から出られたならその石の下のものを君にあげたい。」

とても意味深な言葉だった。レッドはバクストンに向かい、アンディーの言ったとおりの場所にある黒曜石を見つけた。その下にはアンディーからのメッセージがあった。

「レッド。これを読んでいるということは出られたんだね。ならもう少し足を伸ばしてみないか?あの場所の名前を覚えているね?そこで僕は君を待つ。レッド、希望とはいいものだよ。」

あの場所というのは、メキシコのジワタネホのことであった。レッドは人生2度目の罪を犯すことを決心する。仮釈放違反だ。

バスでメキシコに向かう途中でレッドは思った。

”無事に国境を抜けられるといい・・・無事に友達と再会できればいい・・・友達と握手できるといい・・・太平洋が夢で見たのと同じで青ければいい・・・”

このページの先頭へ

イメージ画像